フコイダン入り健康食品

フコイダンは健康食品にも使用されていて、健康志向の方たちからも注目を浴びているのですが、どのような効き目があるのかご存知でしょうか?また、フコイダンそのものについても説明します。

フコイダン多くの健康食品に含まれるフコイダンですが、そもそもどのような成分なのでしょうか。フコイダンとは、海藻類のヌルヌルとしているヌメリ成分です。ワカメ、昆布、モズクなどの表面にヌメリがありますが、それがまさにフコイダンなのです。

それではなぜ、ヌメリ成分があるのかご存知ですか?海の中では多くの外敵が暮らしています。そのような敵は、海藻類を食べることよりも寝床にしていることの方が多いのです。ユラユラと過ごしている海藻類の中に身を潜めて、その魚も外敵から身を守っているのですが、出入りが激しいために海藻も傷つくことがあります。それを守るためにバリア機能としてヌルヌルとしている成分がついているのです。それがフコイダンです。

ところでフコイダンが健康に良いことを初めて発見したのは、スウェーデンの科学者だと言われています。病気の治療に役立つ効果があり、活性力により止血作用、消炎作用、腫瘍の減少だけでなく、美白にも効果があります。また、ピロリ菌を攻撃する力もあることから、世界中の医学界からの注目があるのです。

しかし、これだけの研究が進んでいるのに未だに構造など謎の部分が多いのも特徴でしょう。それでも健康食品にも含まれているのであれば、摂ってみるのもいいことですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket